Blog&column
ブログ・コラム

ダイビング中の呼吸法とは

query_builder 2021/06/08
コラム
18
ダイビングの最中は、当然ながら陸と同じような呼吸ができません。
上手に息ができないのではないかと不安に思う方も多いかもしれませんが、実は水の中で呼吸をすると言ってもそこまで難しいものではないんです。
今回はダイビング中の呼吸法について解説しますね。

▼ダイビング中は「口呼吸」が基本
ダイビングで水の中にいる時は、鼻から空気を吸うことができません。
そのためダイビングに備えるには、まず「口呼吸」に慣れる必要があります。
上手に口呼吸をするためには、以下のようなポイントに気をつけると良いでしょう。

・吸う時はゆっくりたくさん吸う
・空気を吐く時はしっかり吐ききる
・体の力を抜く

特に重要なのが「空気を吐ききる」ことです。
空気を十分に吐かないと呼吸が浅くなるため、ダイビング中に息苦しくなる原因になります。
もしダイビング中に息が乱れて呼吸が苦しくなってしまっても、ぜひ慌てないでください。
落ちついて、肺の中の空気を全部押し出すつもりでゆっくり吐ききった後にもう一度空気を吸っていけば、徐々に呼吸のリズムを取り戻すことができるでしょう。

■インストラクターのアドバイスをよく聞こう
ダイビング用の呼吸を練習する際は、上記のようなコツに加えてインストラクターからのアドバイスも非常に重要です。
ダイビングショップ アバロでも上手にダイビングを行うための呼吸法について詳しくレクチャーしておりますので、ぜひしっかり聞いて本番に備えてください。

▼まとめ
ダイビング用の呼吸は、しっかり練習すれば誰でも習得することができます。
ぜひしっかり練習を行って、美しい水中の世界を楽しんでくださいね。

NEW

  • ダイビングで背負う酸素ボンベは重いの?

    query_builder 2021/09/22
  • ダイビング中にサメと遭遇したら?

    query_builder 2021/09/15
  • 生理中でもダイビングはできるの?

    query_builder 2021/09/08
  • 海でのダイビングで言われる耳抜きとは?

    query_builder 2021/09/01

CATEGORY

ARCHIVE